相撲観戦

相撲ファンになった理由~私はこうして相撲にハマった!

近年またファンが増えつつある相撲。ファンになるには理由がある訳ですがここではそこまで相撲が好きではなかった私がなぜ相撲ファンになったのか、その経緯について紹介したいと思います。

相撲観戦

☆はじめは特に相撲を好きではなかった

大体の人が元々相撲ファンでなかったように私も特に相撲が好きだというわけではありませんでした。相撲観戦が趣味となった今ではもちろん違いますが、当時相撲というものは裸の大柄の男たちがぶつかり合ってビジュアル的にあまりいいものだとは思えなかったのです。

小学生時代に若貴がいたり、曙、武蔵丸、小錦、舞の海と言ったインパクトのある力士たちがいたため、相撲観戦といえばテレビでやっていたらまあ見るかな程度でした。

母は祖父の影響もあり、テレビで相撲観戦する人だったのですが、それでも毎日見るというわけではありませんでした。見たとしてもながら見で私もその影響を受けたのかちょっとだけ知っているけどそこまでがっつり相撲観戦するというわけではありませんでした。

転機が起きたのは大学時代の頃です。

私が自動車免許を合宿で取る際、祖父母宅から毎日通っていました。その時期、ちょうど相撲をやっていた時期で、祖父母と一緒にテレビで相撲観戦していました。そこで一気に相撲ファンになりました。

祖父は毎日17時になると相撲を見るという生活サイクルが出来上がっていたので私も自然と付き合うようになってからどハマりしました。(ちなみに相撲中継はもっと前からやっていますが、私達が見始めるのが17時くらいということです)

☆こうすれば相撲ファンになるかも!

祖父と一緒に相撲を見ていたわけですが、最初から面白いと思っていたわけではありません。

当時朝青龍が強く、日本人力士が優勝できないという状態が続いていました。そんな中その場所では魁皇の調子が良く優勝争いに加わっていました。

相撲を1日見るだけではあまり気づかなかったのですが毎日見ていくようになると今日は調子がいいとか、相性がいいから勝てるとか相撲の見方が徐々に変わってきました。

祖父に「相撲は一場所続けてみたら好きになる」と言われ、嫌々ではないものの「まあ付き合って見てみよう」と思っていたのですが徐々に「面白いな」と思うようになりました。

15日間で行われる優勝争いが特に楽しいと思った所以です。

1日ものすごくいい相撲を取っても次の日にはころっと負けることもある。ベストな状態を15日間取り続けたいけど怪我もある、疲労もある。そんなドラマが土俵上にはありました。

10日目位ですでに相撲の魅力にとりつかれファンになっていました。

力士の所作や強さはもちろん相撲の流れが面白く毎日17時が待ち遠しくなっていました。

そしてその場所魁皇が優勝したこともあったのでしょう、私は完璧相撲にどハマりし、以来10数年間相撲を見続けるようになりました。今では両国に相撲観戦に行くほどの相撲好きな大人です。

とにかく一場所(15日間)通しで見たら相撲の面白さが分かります!

☆相撲はこういう人達がとっている

最後に力士の凄さについて簡単に記載したいと思います。

相撲はご存知体重別に分かれていないため重い力士、軽い力士お構いなく対戦が組まれます。ボクシングで行ったらミニマム級の選手がヘビー級のボクサーと対戦することもあるのです。体重で言ったら80キロが200キロと当たるなんていうことは現実的にあり得るので大きさの違いはそれ以上です。

そんな彼らのガチンコの勝負を間近でみたらファンになること間違いなしです。

You Might Also Like